Compasses over Maps.
Your adventure starts here.

実行ベースで教育改革を推進する

日本アクティブラーニング協会は、60,000人以上の学生・社会人と実践してきたアクティブラーニングの実例から引き出した有形無形のナレッジを、学校教育、企業研修等、全国の多様な教育現場に役立てるために発足しました。
組織に対しては人財育成の柱をつくるための教育施策を、学び手に対しては自身の夢を見つけ、自ら行動する力を、それぞれ提供する事が本会の目的です。

Information

講談中に挙手をする人々

Who We Are

本会は、一面的な方法論ではなく本来の意味でのアクティブラーニングを実践している個人・法人と連携し、様々な人財開発プログラムの開発・提供を行います。

提供プログラムは、常に効果検証を繰り返し、更なる質の向上に努めています。

SDGsロゴ

新たな社会貢献モデルの実現

日本アクティブラーニング協会は、SDGsに貢献する人財を育成するカリキュラムを提供しています。
また、このカリキュラムに取り組むことでポイントが発行され、ポイント量に応じて
SDGs達成に向けた活動への寄付が行われるという新しい社会貢献モデル「SDGs Point Project」を推進しています。

SDGs Point Projectは、国連事務総長特別顧問としてSDGsを策定し牽引するジェフリー・サックス博士、
Center for Sustainable Development at Columbia University、Millennium Promiseの認定を受けています。

Advisory Board

竹中平蔵教授が代表を務める教育改革推進協議会が、本会のアドバイザリーボードとなっています。

教育改革推進協議会は、学校や民間の垣根を超えた協働によりあるべき方向へと教育改革を推進することを目的に発足しました。教育改革推進協議会は、机上の空論ではなく、行動を通じ、日本の未来をつくる取り組みです。

人生は舞台人はみな役者

本協会の母体となっているサマデイグループはミュージカルカンパニーを運営しており、プロの俳優陣によるアートをベースとした体感型の人財育成プログラムの設計・実践が可能です。

日本アクティブラーニング協会は、現実に立ち向かう力を鍛えるプログラムを、最先端の形で提供します。

拍手をする人々

Cases

プログラムの導入事例やイベントレポートなど、
日本アクティブラーニング協会の実際の取り組みについてご紹介します。

Back Number
日本アクティブラーニング協会が制作した刊行物です。