非認知スキル診断 PASS 25

肝心なものは目には見えない

多くの企業研修の実績から導き出された25種の非認知能力の指標をもとに、一人ひとりの目に見えない力を可視化します。
本人の強みや改善点をあらゆる角度からあぶりだし、進路やキャリアの発見につなげます。

Glbalization is not a choice

グローバル化はチョイスではなくファクト。いまやこの言葉に疑問を持つ人はいないでしょう。いわばメガコンペティションの時代。既存の常識や枠組みにとらわれない挑戦が求められます。
この絶対的な正解のない時代においては、既存の尺度ではなく、人物を多面的・総合的に評価することが重要です。

About The SDGs Point Project

偏差値に代わる新たな評価指標

偏差値が高いからといってその人が起業家として成功するかというと全く異なります。たとえば、GRIT(ふんばり)のような非認知能力の方がよほど成功の要になっているとも言われています。

そのため、非認知の領域をまずは可視化することが重要です。
そして、それが見えてくれば、どういう強みを自分が持っているのか、どこを伸ばそうかといった自己理解を持つことができます。

本会は、そのための新しい指標として非認知スキル診断「PASS 25」を開発・提供しています。

校舎の廊下を歩きながら談笑する男女の生徒たち

Features

自己理解から
キャリアパスを考える

非認知の領域が可視化されることにより、自身でも気が付かなかった強みや伸ばしていくべき点などが分かります。非認知スキル診断を通じた自己理解が、今後の生き方やキャリアパスを考える一助となるはずです。

対策できない
診断方式

従来型のマークセンス方式による適正診断では、たとえば積極的な人物を装った「なりすまし」解答が可能ですが、非認知スキル診断 PASS 25は、独自のメソッドにより、人財の本質的な力を可視化することができます。

現代に必須の
多面的・総合的評価

現在、社会、産業、雇用、就業、教育において構造の転換が起きています。決まったロールモデルがあるようでないこの時代においては、個々の特性を見極める多面的・総合的評価が必須となるはずです。

ご質問や資料請求など、お気軽にお問い合わせください

Customer feedback

非認知スキル診断 PASS 25を導入されたパートナーの声をご紹介します。

シアターラーニング
シアターラーニング

Cases

本会が提供するプログラムの導入事例をご紹介します。
大学教授・海外大学・企業等との連携による高大社接続プログラムや、演劇メソッドを取り入れたワークショップが、実際にどのように行われているかをご覧ください。

非認知スキル診断 PASS 25についてより詳しい情報をご希望される方は
以下より無料で資料をダウンロード頂けます。
フォーム送信後、資料のURLが表示されます。

ご質問や資料請求など、お気軽にお問い合わせください